見どころたくさん!Japan Season Cup ステージ1 対戦レポート

2014.08.06

 

日本全国が暑くなっている今、Japan Season Cup: Summer 2014で更に熱い!先日行われたステージ1のレポートをお届けします。

準々決勝ハイライト

準決勝&決勝戦

決勝戦

配信アーカイブ

※ニコニコチャンネルのタイムシフト視聴期間は1週間となっています 

Stage1のべスト4を決める大事な一戦。準決勝まではBO1なので、一瞬のミスが命取りになります。緊張度が高まっている中での、注目の準々決勝を振り返っていきましょう。

準々決勝ハイライト

準々決勝第2試合 B-Gaming(BGAME) vs Inava Connect(iCON)

World of Tanks大会常連と言ってもいいInava Connect(iCON)に対して、先日行われた撃破王日本一決定戦準優勝のB-Gaming(BGAME)が立ちはだかります。初戦からお互い見知った名前同士のぶつかり合い、配信の第1試合としても注目の集まった試合です。

AMX 50 100が3両、IS-3が2両、T1が2両とどちらも同じ車両構成での対戦となりました。北側スタートのBGAMEはマップ北西部C,D3に主力を固めD4にT1(Mid1s_Iolite選手)を配置し、マップ西部1,2ラインの攻めとマップ東部8ラインの受けを考えた作戦を取ります。それに対し、iCONは主力をマップ中央部D8からD6へラッシュする作戦を選択。BGAMEはDラインのラッシュを発見後、待っていましたとばかりに自陣側に移動し集中砲火を出来る体制を整えます。

少し攻め急いでしまったかiCON。DラインでBanzaiAttack選手(AMX 50 100)にIS-3(chibashi選手)を撃破されてしまい、攻めが続かなくなってしまったiCONに対し転進をかけるBGAME。T1(samrai_blues選手)の陣地占領を含め、落ち着いて車両数の差を活かして攻略したBGAMEが準々決勝を制し、準決勝進出です!

 

準々決勝第4試合 BGY-Tankers(BGY) vs RegiaEsercitoSaitama(RES)

試合に出場している全員が同じクランに所属しているRegiaEsercitoSaitama(RES)は連携力にとても期待が高まります。それに対してクランβ order Line、GAP、Yashimaの混合チームであるBGY-Tankers(BGY)がどのように立ち向かうのか、楽しみな一戦が始まりました。

AMX 50 100を1両にし、T32(Akizuki_DD選手)を投入する北側陣営RESに対してBGYはAMX 50 100を2両選択。ヒメルズドルフというマップに対する攻略法の違いが伺えます。RESはマップ北西部B3にAMX 50 100とIS-3、マップ東部8ラインにIS-3、マップ北西部D4には砲塔の硬さに定評のあるT32を配置します。しかしながら、マップ最東部0ラインの丘に戦力を投じなかったためBGYに丘の戦域を確保され、Dラインが打ち下ろしされてしまいます。

BGYの重戦車配置が8ラインに多く見えたことから、上から打ち下ろされない8ラインよりにAkizuki_DD選手(T32)を移動しますが戦域を狭めた所に、RESが主力を集結してラッシュ!

戦域ごとに戦力差が出た隙を上手についたBGYに車両数で優位に立たれたRESは、AMX 13 90(tana_bata選手)が占領ポイントを取ることで逆転を狙いますが、BGYに占領され返されてしまいます。

数の差がここで活き、BGYの勝利!準決勝進出です! 

準決勝

準決勝第1試合 Looking For Sponsors(LFS) vs B-Gaming(BGAME)

撃破王日本一決定戦では決勝戦で対決していたメンバーが勢揃い。準決勝からハイレベルな試合展開が予想されます。勝利の行方は果たして・・・?

第1セット

マップはヒメルズドルフ。北側陣営のBGAMEは準々決勝でのIS-3の代わりにAMX 13 90を2両投入し、オートローダー編成に。対する南陣営のLFSはIS-3を2両、AMX 50 100を3両と重戦車構成。車両選択からタクティクスの読み合いが始まっています。

BGAMEは初動でAMX 13 90 2両(capelinACL選手、sova選手)を中央ラインにラッシュさせますが、LFSの重戦車全ても中央にラッシュし、試合開始数秒でかち合う形になります。

AMX 13 90の足の早さを活かし一度J4に逃げ、途中まで追ってきたLFSのIS-3とAMX 50 100を挟撃する形に。BGAMEはAbsolute_Pretender選手(IS-3)とPoly選手(AMX 50 100)を撃破することに成功します。

その後、リロードで逃げるsova選手(AMX 13 90)を撃破することに成功したLFS。これで主力勝負の数は五分かと思いきや、リロードを終えたBGAMEのcapelinACL選手(AMX 13 90)が中央のDB_Starman選手(AMX 50 100)を撃破することに成功。BGAMEが囲い込む形でマップコントロールを得ます。

そのままオートローダー構成の強さを活かし一気に勝負を決めるBGAMEが、準決勝第一戦目を制しました。

第二セット

マップは鉱山を選択したLFSに対して北側陣営を選択したBGAME。後がないLFSはどのような戦術を取ってくるのかに注目が集まります。

LFSは主力戦車にT32、WZ132、T69、AMX 13 90、IS-3とTier8は5種類の戦車を出撃。それに対してBGAMEはAMX 13 90 3両とIS-3 2両を出撃させます。鉱山といえば丘における戦術ウエイトが高くなることが想定されます。足の早いAMX 13 90を3両採用しているBGAMEが丘の戦域を奪取するかと思いきや、初動はマップ西部の1,2ラインへ。偵察に向かっていたLFSの指揮官PLateAUX(T1)選手をダウンさせることに成功します。

これでBGAMEがAMX 13 90全員を丘に向かわせていないことが分かったLFS。すぐさま丘下に構えているBGAMEの7mm選手(IS-3)、wot_sister_bot選手(IS-3)とMid1s_Iolite選手(T1)に対してラッシュを仕掛けます。

IS-3の2両を撃破した所でマップ西部1,2ラインにいたAMX 13 90の一人capelinACL選手がLFSの裏を取りに走ります。その隙に残りのBanzaiAttack選手(AMX 13 90)、sova選手(AMX 13 90)と、samrai_blues選手(T1)が占領へ。Mafty_Navilles_Erin選手(WZ-132)と、丘上のhiwaminA選手(T32)が協力して、samrai_blues選手(T1)を撃破し占領ポイントを減らすことに成功します。

LFSはT32とIS-3で残った2両のAMX 13 90の撃破を試みますが、オートローダーの瞬間火力に対処されてしまい試合終了。

展開の早いゲームが続いたBO3を制し、決勝戦へ最初に駒を薦めたのはBGAMEでした!

準決勝第二試合 Professional Killer(HAKAI) vs BGY-Tankers(BGY)

決勝の相手がBGAMEと決まりました。相対するチームはどちらなのか、興奮の冷めやまぬまま行われた準決勝第二試合の模様を振り返っていきます。

第1セット

IS-3の代わりにnanoha1995選手搭乗戦車としてTigerⅡを採用してきた南側陣営HAKAIは、BGYに対し主力全軍でマップ東部8ラインラッシュを試みます。

オートローダーであるAMX 50 100が先頭に立っているので、打てる機会に打ってHPを削っておきたいBGYでしたが、打ち合いではHAKAIが有利に立ちAMX 50 100 に乗るoldman_and_panzer選手とTigerⅡに乗るnanoha1995選手が、Makowiecki選手(IS-3)、ALICE_0M選手(IS-3)の2両を撃破することに成功します。

その間にBGYはHAKAIのAMX 13 90(mbb15選手)を中央で撃破することに成功。

HAKAIがBGYの本陣を攻めようとするのに対し、BGYはAMX 50 100の2両をA4に配置し、簡単には攻めこませない布陣を取りました。

本陣で時間稼ぎをしている間に、BGYのBukkaku選手(T1)が占領へ。それに続く形でcheesecurry選手(AMX 13 90)とichi777選手(T1)も占領ポイントを取りに行きます。

なんとか自陣を防衛しようと急ぐHAKAIでしたが重戦車では移動に時間がかかってしまいました。占領ポイントを切ることが出来ず、BGYが準決勝のヒメルズドルフを制し、1セット先取しました!

第二セット

マップは第1試合同様に鉱山が選択されました。車両選択に今大会初のSTA-1が選択され、どのような試合展開になるのか予想がつきません!

レッツバトル!の掛け声と同時に丘を駆け登る北側陣営BGYのAMX 13 90(xRUNEx選手、cheesecurry選手)2両は鉱山の重要なポジションである丘を奪取することに成功します。

その後BGYは1ラインにT1、AMX 13 90、STA-1を移動し、T1(ich777選手) とAMX 13 90(mbb15選手)がお互い撃破される形に。Tier8を撃破できた分BGYが有利に立ちます。

それを見越していたのかHAKAI。ミニマップ東側を進行し、BrighWhite選手とdrummag選手の乗るT1 2両が占領に向かいます。重戦車2両も東側から丘の裏側へと回されてしまったBGY。zimukasutamu9選手(IS-3)一人では支えきれず、戦局が一転して大ピンチに!

しかしながら、2ラインから進行していたBGYは残るhidede0819選手(AMX 50 100)、youzyo77選手(AMX 50 100)の2両をそのまま撃破した後に、占領を仕返す形。そして勝利の行方は一人占領ポイントを丘上から切りに向かったxRUNEx選手(AMX 13 90)の手に委ねられることに。結果、HAKAIの占領ポイントを丁寧に切ることに成功。BGYの占領はそのまま続き、準決勝はBGYが勝利しました!

決勝戦

B-Gaming(BGAME) vs BGY-Tankers(BGY)

Japan Season Cup Stage1の優勝チームが決定する決勝戦に登場した2チーム。個人の戦績ではBGAMEに分がありますが、BGYも連携力や戦術で全く引けをとっていません。どちらがその勝利を手に入れるのか、楽しみで仕方がありません。

第一セット

ヒメルズドルフは準決勝ではお互いが手の内を見せているだけに車両選択から心理戦が始まっています。レッツバトル!蓋を開けてみると、どちらもAMX 50 100を3両、IS-3を2両、T1を2両。同じ車両同士の戦いが始まりました。

BGAMEは(sova選手、BanzaiAttack選手、7mm選手のAMX 50 100を3両とYamato_選手(T1)をマップ東部の丘上に送り、Mid1s_Iolite選手(T1)がE7に偵察に向かう形を作りますが、BGYはそれをすかす形でマップ北西部A2に主力を固め、A5にxRUNEx選手、Gaebolg選手(IS-3)2両を入れる配置を取ります。

T1(Mid1s_Iolite選手)がマップ中央部D3までをクリアすることで、戦闘戦域を絞り込むBGAME。丘上のsova選手、BanzaiAttack選手、7mm選手(AMX50 100)の3両に加え、wot_sister_bot選手、capelinACL選手(IS-3)の2両を全てBGY陣営近くに集結し激しい打ち合いが始まります。

BanzaiAttack選手(AMX 50 100)がGaeBolg選手(IS-3)を撃破することでゲーム展開が一気に動きます。BGAMEはyamato_選手(T1)を占領に入れ、主力が一気に前に詰め、数の差を活かした激しい打ち合いを始めます。一瞬の打ち合いではオートローダーであるAMX 50 100の瞬間火力が光ります。

そのまま一気に詰め切って勝利したのは、BGAME!Stage1優勝に王手をかけます。 

第二セット

BYGのマップ選択はルインベルグ、BGAMEは陣地に北を選択。今大会初マップであると同時に、Stage1の優勝決定戦。緊張が最高潮に高まります。

車両選択ではBYGはAMX 13 90、AMX50 100にIS-3を3両選択したのに対し、BGAMEはAMX 13 90を2両にし、IS-3が2両、AMX 50 100という編成。そしてレッツバトル!の開始合図と同時に両チーム動いた先は街!市街地での総力戦が予想されます。

BGAMEのAMX 13 90(sova選手、capelinACL選手)と、BYGのAMX 13 90(cheesecurry選手)が試合開始30秒でお互い突撃しあい、リロードが終わり次第お互いが撃ちあいます。

ここでBGAMEのsova選手(AMX 13 90)が炎上し早々に倒されてしまいます。 オートローダーのTier8をいち早く撃破できたBYG、試合展開が有利に運べるように思えましたがBGAMEのcapelinACL選手(AMX 13 90)が裏を取るように動き、BYGのoldman_and_panzer選手(AMX 13 90)を倒すことに成功しBGAMEがBYGを囲みこむ形に移行します。

一進一退の攻防戦が途轍もないスピードで繰り広げられていきます。フォーカスをしっかり行い、車両の数を減らすことに成功したBGAMEが打ち合いを一気に制し勝利!Good Game!

ステージ1 優勝は B-Gaming!

Japan Season Cup Summer 2014 Stage1の優勝は、B-Gamingとなりました!

B-Gaming (BGame)

  • BanzaiAttack (リーダー)
  • 7mm
  • capelinACL
  • sova
  • yamato_
  • Mid1s_Iolite
  • samrai_blues
  • wot_sister_bot
  • J1N

賞品として3000ゴールドと、優勝賞金15万円となるファイナルへの最初の1枠を手に入れました。おめでとうございます!

タグ: JapanSeasonCup 対戦レポート


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone


© 2013 JCG All Rights Reserved.