JSC: Stage2 決勝戦の経緯について

2014.12.09

iCON vs FHS 決勝戦 1戦目の経緯

Japan Season Cup: 2014 Winter Strike Stage 2 決勝戦は、FHS棄権となりました。その経緯と、翌日行った話し合いの結果について報告します。

決勝戦 1戦目の運営進行状況

決勝戦 iCON vs FHS の1戦目開始時、ギリギリまで Louise_Francoise_V 選手の名前がOFFLINE(灰色)でしたが、開始直後(6:59時点)でONLINE(白)となったため、試合を続行しました。

 
ニコニコ生放送画面 のキャプチャ(2:52:44ごろ)

その後、試合中にFHSより大会運営チャットへDC(Disconnect、サーバーからの切断)が発生したと連絡がありましたが、上記状況とルールにより「試合開始後のDCは続行となる」と説明しました。

その際ローディング時にDCした旨が FHSリーダー DN_opelisk選手から説明があったため、DCの状況次第で進め方が変わることを説明しました。その後運営スタッフや出演者と状況を確認したうえで返答しましたが、FHSから改めて棄権の宣言がありました。

参加チーム側の状況

試合開始後、FHSは全体チャットでDCが発生していたことを宣言しており、DCはiCON側も把握していました。両チームはこの会話を運営も見ていると考えていましたが、観戦者はゲーム内チャットを一切見ることができない仕様 となっており、運営側にはゲーム内での両チーム間の会話が伝わっていませんでした。

観戦者がゲーム内チャットを見ることができない仕様は、翌日発覚しました。

FHSチームとしては、ゲーム内で開始時DCを宣言していたのに大会運営が状況の再確認を始めたため、ルール準拠の主張が通らなかったと判断し棄権を宣言しました。

選手の接続状況調査結果

Wargaming Japan様に、決勝戦対戦時間の Louise_Francoise_V選手のログアウト/ログイン時刻を調査頂きました。

2014年12月7日 22:49 決勝戦 試合開始

2014年12月7日 22:49:40 Louise_Francoise_V 選手 ログアウト

2014年12月7日 22:52:53 Louise_Francoise_V 選手 ログイン

申告通り、試合開始時にDisconnectされていたことが分かりました。DCの申告は正当であり、ルールに従い再試合を求めたことは正当な判断でした。

今回の問題に対して

両チーム リーダー、Wargaming Japan様、大会運営(JCG)の4者にて会議を行いました。本件が観戦モードの動作を把握していなかったことによる相互の誤解によって発生したことであり、誰かに一方的な非は無かったとして和解しました。

今後のルール改善について

試合中のDCは運営側で確認・判断が難しいため、対戦チーム間で合意し、試合中断・再試合を行えるよう 大会ルール赤字部分を追記します。

  • 試合開始時に切断・オフラインになった場合、ルームを再作成し試合をやり直します。
    • 試合開始時に切断・オフラインが発生したチームは、全体チャットで誰が切断したかを発言し、全員が移動や行動を停止してください。一人でも移動を続けて射撃を行った場合は、試合続行の意思表明と判断します。
    • 大会運営チャットで切断が発生したこと、再試合を行うことを連絡してください。対戦相手チームと意見が食い違った場合は、リプレイの提出を求める場合があります。
  • 試合中に切断・オフラインになった場合は試合を続行します。

プレイヤー間の会話やDCが観戦者のゲーム画面で反映されない、という状況に対し大会運営が配慮が足りていなかったため、判断が遅れ参加両チームにはご迷惑をおかけしました。また、大会を視聴頂いた皆様にも長時間お待たせする結果となり、大変申し訳ございませんでした。

 

タグ: JapanSeasonCup


  ■コミュニティ

 ・League of Legends

 ・StarCraft2

 ・Hearthstone


© 2013 JCG All Rights Reserved.